リバウンドとは?

なぜリバウンドしてしまうのか、その原因を追求!

リバウンドの原因

せっかくダイエットしたのに体重が元に戻って挫折する、という経験をしたことのある方は多いと思います。
その原因は停滞期と言われるホメオスタシスのせいです。それは消費カロリー>摂取カロリーを維持し続ける事によって体が飢餓状態であると判断し、消費エネルギーを節約してしまうのです。
またそれによって食欲が湧き、食事からカロリーを余分に摂取するようになるのです。これがリバウンドの原因です。

リバウンドしないためには

1ヶ月の体重減少を、5%以内に抑える事が需要です。リバウンドは急激な体重変化によって発生します。体が飢餓である、と判断しないためにも闇雲に急激な体重激変ダイエットは控えましょう。緩やかに体重を落としていくのがベストです。

1ヶ月は食事を元に戻さない

停滞期が訪れても食事はダイエット時のものを続けましょう。この停滞期は体のエネルギー消費が落ちています。つまりいつもの食事に戻すと、より脂肪が蓄えられやすくなるのでダイエット中と同じような食生活になるようにしましょう。停滞期を乗り越えた時、体は飢餓状態に慣れ、ホメオタシスが収まります。リバウンドは停滞期に挫折し、ダイエットを辞めてしまう方に起こりやすいです。停滞期もダイエット中の食事を撮り続ける事が大事です。